東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

トップ > 学校紹介 > 学校長挨拶

学校長挨拶

東京都市大学付属小学校 校長 重永 睦夫

東京都市大学付属小学校 校長 重永 睦夫 1.東京都市大学グループ  
 平成21年に誕生した東京都市大学グループは、「未知の世界を切り開き、未来に向かって挑戦する」教育理念を掲げる高い教育力をもった総合学園です。創立者の五島慶太初代理事長(東急グループ創始者)の構想に基づき、1大学、3高校、2中学、1小学校、1幼稚園を擁し、どの学校も人気校として大きな注目を浴びる教育活動を展開しています。
2.日本一楽しく中学校受験できる私立小学校
 
 私どもは、小学校は何より楽しい所でなければならないと考えております。同時に私立小学校ですから、国公私立中学受験に対応できる授業も展開することが重要だと考えております。その両立をはかるために、本校は、教育の二本柱として「高い学力」と「豊かな心」を掲げております。低学年から体験学習を豊富に用意して豊かな心をみがき、高学年での中学受験に挑戦する力強い心と高い学習能力を育ててまいります。低学年は「体全体で学ぶ」、中学年は「共に学ぶ」、高学年は「自ら学ぶ」というコンセプトのもとに教育活動を展開し、それらを太く貫くのが建学の精神「すこやかに かしこく りりしく凛として 世界にはばたく 気高きこどもたち」です。「かしこく 凛とした気高さ」…これが五島慶太初代理事長のいう「風格と知性」です。(教育目標の詳細はこちら)  
 子どもたちが、自ら学びたくなるような独自の楽しく充実した教育プログラムを用意し、「自主的・主体的に考え行動できる子ども」へ成長させる本校のことを「日本一楽しく中学受験できる私立小学校」と評価される教育関係者もいます。
3.機能的な校舎設計と安心の登下校通知システム
 
 ハード面の“施設設備”においては、平成21年、校舎を新築し、体育アリーナを中心にロの字形に教室を配置し、どこへも短時間で行き来できる機能的な設計としました。そして、1階エントランスは広々とした空間、2階には、教室6コ分の広さを有する図書・情報メディアルーム、3階には多目的ホール、校舎の中心にすわる体育アリーナは、自然光がふりそそぐ三層吹き抜けです。ほかにも英語教室、算数教室、理科・体験室、図工室、音楽室、オープンスペースなど独自の充実した施設を有する素晴らしい校舎と自負しております。  さらには、本校では、児童の安全に配慮し、ICカード(PASMO)による保護者への登下校通知メール配信のシステムを導入しました。
4.毎日更新する「先生ブログ」で、つぶさに分かる学校生活
 
 ホームページに「先生ブログ」というコンテンツを設け、本校の特色の一つと位置付けております。校長が毎日くわしく更新して、児童の学校生活や私どもの考え方を発信しております。
 躍進する東京都市大学付属小学校で、かけがえのない小学校生活を共に過ごしましょう。
 ※ 東京都市大学付属小学校は、1956(昭和31)年に「東横学園小学校」として開校
  し、50余年の歴史を持ちます。都市大グループは、武蔵工業大学と東横学園女子短期
  大学が統合し、工学部・知識工学部・環境情報学部・都市生活学部・人間科学部を擁
  する総合大学「東京都市大学(略称:都市大)」を中心とする総合学園です。本校の
  ほか、高・中・幼の合計8校を擁します。グループ内の結びつきを強め、時代と社会
  のニーズに応える多様な教育活動を展開しております。

↑上へ戻る